お客様の笑顔と喜びと幸せ 信頼の No.1株式会社

ご購入ご売却、査定・買取り
より良いお取引を実現します
何でもご相談下さい      

土地・戸建て・区分マンション
 投資用 収益用 事業用物件          
  売店舗 事務所・貸店舗 事務所  
賃貸住宅全般           
       
   

よくある質問

Frequently Asked Questions

当社に良くいただくご質問にお答えします。
下記にないご質問・お問い合わせがございましたら、お気軽にお電話(0120-000-869)もしくはお問い合わせフォームよりご相談ください。

  • Q.1.自己資金があまり無いのですが、購入できますか?
    A.購入のために準備したい自己資金は、物件の購入に充当する頭金と諸費用の合計です。
    住宅ローンは物件価格の80%~90%程度が融資額の上限とされていますが、金融機関や住宅ローンの種類に
    よっては、100%の住宅ローン融資や諸費用ローン等の利用ができる場合もあります。
    お気軽に当社の担当者へご相談ください。
  • Q.2.購入時の諸費用はどのくらいかかりますか?
    A.購入時に売買代金以外にかかる諸費用としては、仲介手数料や印紙税、登録免許税、不動産取得税等の税金や、住宅ローンを利用する場合の事務手数料、保証料、保険料等などがかかります。
    一般的に売買代金の6%~9%ほどかかりますので、予め準備が必要です。
    他には、お引越し代等の見積もりを依頼すると良いです。
    お気軽に当社の担当者へご相談ください。
  • Q.3.契約時の手付金はどの程度必要ですか?
    A.通常ご契約の手付金は、売買価格の10%を売主様に支払うことが多いです。
    状況により手付金を小額にすることは可能ですが、契約を解除したい時に手付金を放棄することで、契約を無条件で解除することができる解約手付けという性格上、一方的に安易な契約の解除が出来ないように、売主様と買主様の双方にとって、適切な金額の手付金が望ましです。
    お気軽に当社の担当者へご相談ください。
  • Q.4.最近転職をしましたが、住宅ローンの利用は厳しいですか?
    A.審査の基準は金融機関によって異なりますが、目安は勤続1年以上とされています。
    また勤続年数の少ない方は、事前に金融機関に、事前相談を行うこともできます。
    勤続年数の少ない場合でも、借りられる場合もありますので、お気軽に当社の担当者へご相談ください。
  • Q.5.夫婦共有名義で購入したいのですが?
    A.ご夫婦共有名儀にする場合は、ご夫婦それぞれが資金を出す比率により共有名義の持分になります。
    資金を出したにもかかわらず、名義が単独の場合などは贈与税の対象となりますので、注意が必要です。
    また住宅ローンの名義なども関係しますので、事前に当社の住宅ローンアドバイザーやファイナンシャルプランナー(FP)にご相談ください。
  • Q.6.他に借りているローンがありますが、住宅ローンを借りることはできますか?
    A.他にローンの借り入れがある場合、そのローンの毎月の返済額を考慮して、住宅ローンの月々の支払い可能金額の審査が行なわれます。 他のローン借り入れ金額が多い場合には、住宅ローンの借入額を減額されたり影響が出てきます。